自分和合からの錬金術 いのちのお話事務局

ビジネスとパートナーシップ。それは、全く違うものに見えて、人生を豊かにしていく要素を凝縮しています。 愛する事を誇りに思う男性。愛される事に疑いのない女性。 最小社会から生まれる豊かさとパートナーシップ・仕事・家族・生き方・夢の実現・お金… 心に還るヒントを、シェアしていきます。

心は豊かさが巡る方法を知っている 

f:id:kagehinata-hari:20170922164841j:plain

momo kamito.

http://hinata28.wixsite.com/cotocoto

 心のキャンドルサービス。 - momo kamito official blog

 ☆・☆・☆・☆・☆

 

 

【 心 × ビジネス 】

 

世界中のいろいろな真理を伝える

学問や、本などを見ると、
表現の仕方が異なるだけで、
伝えている核の部分は同じ様に感じます。
 
【いのちのお話】で伝えている
【宇宙といのちのメカニズム】は
さらにそこから一歩踏み込み、
 
魂を生きる=(素直な)心を生きる様になると、
目に映る人や出来事は、
自分の才能や可能性を思い出させてくれる鏡。
全ての現実は、
自分への【問いかけ・ヒント・メッセージ】として
受け取れるようになる事が特徴です。
 
 
今回は僕達が発信している【いのちのお話】と
アドラー心理学を見て、改めて感じたことを書いてみました
 
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 
 
アドラー心理学】では、
「感情」はある目的達成の為に
作り出されると表現されています。
 
例えば【怒り】という感情は、

・相手に自分の気持ちを楽に伝えたい

・相手に自分の気持ちを理解してほしい

・相手を従わせたい

・相手に罪悪感を与えたい

 といった理由を目的に湧き上がるものだと表現しています。
 
 
僕自身が怒りを感じている時の事を想いだすと、
 
・自分の弱さから目をそらす為、
 見ない様にする為に怒りを利用している。
 
怒りと同化している時は分かりませんが、
momoと話をして、怒りを客観的にみると、
その様に感じます。
 
 
 
【いのちのお話】で伝えている
≪魂視点≫では、
【目の前の相手は自分を映してくれる鏡】として存在している。
と考えるので、アドラー心理が表現している⇑⇑の様な状態は、
魂視点でいうと、
エゴが相手を作り出して、そこに焦点を当てる事で、
自分の心を見つめる事から離れている(逃げている)状態です。
 
 
湧きあがる怒りを感じて、
『じゃあ自分はどうしたいのか?』
鏡を見て自分に怒鳴る人間はいません。
もし、鏡を見て、
髪形が乱れていたり、顔が汚れていたら
それを整えるだけです。
目の前の鏡(人・出来事)は怒りを通して、
自分に「じゃあどうしたい?」という問いかけをしています。
 
 
僕は感情を感じる事がずっと苦手でした。
鏡を見ても、見て見ぬふり。
自分の本当に改善したい部分を見てこなかった。
魂視点を学んでから、感情を通して自分がどうなりたいか?
これを感じ、実践しています。

f:id:kagehinata-hari:20170922162838j:plain

【いのちのお話話DVD】テキストより抜粋⇑

  

視点こそ異なりますが。

アドラー心理】も【いのちのお話】も、
感情に振り回されない事の大切さ。
感情を利用しているエゴの存在を表現しています。
 
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 
 
【いのちのお話】を学び、
魂視点に慣れてくると、
本当になりたかった自分の姿が見えてきます。
『じゃあどうしたいの?』という問いかけは、
なりたい自分の姿がはっきりしてくると、
『じゃあどうすればそれが実現出来るんだろう?』
という具体的な問いかけに変わります。
 
 
今まで見て見ぬふりをしてきた鏡を見つめ、
溜め込んでいた感情をちゃんと感じると、
それまで滞り濁っていた感情が浄化され、
クリアな状態になってきます。

f:id:kagehinata-hari:20170920050213j:plain

f:id:kagehinata-hari:20170920050237j:plain

【いのちのお話話DVD】テキストより抜粋⇑
 
そうすると、これまで感じなかった
直感・インスピレーション・シンクロニシティに気付くようになり、
なりたい自分になる為の繁栄の方向へと導かれていきます。

f:id:kagehinata-hari:20170922163228j:plain

 
なりたい自分を生きる=心を生きる様になると、
それに伴い豊かさがついてきます。
 
 
何故でしょうか?
 
 
最初から心(魂)は、
繁栄や豊かさが巡る方法を知っているから。
心を生きると、自然と豊かさがついてくる。
 
豊かさの価値は、その人によって異なるので、
心が本当に欲しかったものが
引き寄せられていきます。
 
 
お金はたくさんあるけど、
愛を感じなかった人は、豊かさとして愛が。
物質的な豊かさに満たされていなかった人は、
豊かさとして物質的な豊かさが。
 
その人が心で求めていた ”豊かさ”で満たされていく。
 
それがいのちのお話を学ぶ事で起こる【循環・法則】
これを人は【奇跡】と呼びます。
自分和合からの錬金術✡【いのちのお話】
 
 
 
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
 
 
心と感情はとてもごっちゃになりやすい。
それを頭で理解する事は、
とても実践に繋がりやすくなります。
僕もmomoの下のblogにある例え話を聞いて、
もやもやしていた部分がスッキリしました。
 
心に従うことと、感情に従うことの違い。
心を生きることはどんな事か、
とても分かり易く解説されたblog。必見の内容です↓↓
 
 
一部抜粋↓↓
 
自分を生きましょう、
自分の感覚を大切にしましょうと、
聞くと、
じゃあ、怒ってる時は当たり散らして、
回りをおかまいなしでもいいってことではない
のです。
 
 
心を生きましょうという事は、
感情に従って、振り回されていきましょう
ということではないのですね。
 
 
その時の感情に振り回されて生きるのと、
心を生きることの違いは、
感情の波が起こっている時も、
【心の景色を見失わないこと】
 
 
 
 
☆1自分の感覚が大切です、
と、
☆2自分の感情が大切ですとは、
少し違っていて、
心と感情って違うんです。
 
 
心と感情の関係は、身体で言うと、
すい臓とすい液みたいな関係です
 
☆心→すい臓
 
☆感情→すい液
 
☆感情は、心の分泌物
 
 
心に従うことと、
感情に従うのは結構な違いがあるとは、
こんな感じです。
膵臓は、膵液を作って、
脂質を分解させるけれど、
領域を冒して、内臓を溶かし始めたら、
これは大変。
 
 
感情に振り回されるのは、
やまたのオロチか、鬼ばばあが仕上がります😭
 
 
沸き起こった感情は、
心が、何かを知らせようと分泌した分泌物。
分泌物(感情)を受け取ったら、
その分泌物を出した、心に意識を向ける。
 
 
心は、今の感情を通して、
どの景色をナビゲートしているのか、
「心の私は、本当はどうしたくて、
 この出来事と、
 この感情を感じているんだろう」と、
問いかけること。
 
 
 
沸き起こった怒りや
悲しみの中でも、
自分への問いかけをしているか。
 
全文はこちら↓↓↓

 
  

↓↓↓

【自分和合・夫婦和合は現代の錬金術☆】
【自分和合から始まる夫婦和合のためのメソッド】 いのちのお話
 
①自分和合は、夫婦和合に繋がっていくを体験したい方
②夫婦和合は、先祖供養にまで繋がっていくを体験したい方
③自分が幸せになることで、皆幸せな夫婦和合を生きたい方
④自分の幸せは、自分で作れるを実践したい方
↓↓↓

視聴


 
 ☆☆☆
 
 

f:id:hinatao-wife:20170725164342p:plain

 詳細お申込みhttps://goo.gl/qkaAMc
↑↑↑

パートナーシップの新しい扉を開けたい方にも、 
人生に変化を求めている方、 
すでに怒涛の変化が始まっちゃてる方も おススメです

momo kamito.と事務局深山陽が同行し、
お申込み頂きました方と、3名での登山となります。
登山の途中に、気になっていることなど、
お話もしながらの、アウトドアスタイルのセッションです

※【maison de momo】ご入会者様・ 
【無料メルマガ】ご登録者様は、登山中に撮った写真を、 
後日、データにてプレゼントさせて頂く特典が付きます

【maison de momo】https://goo.gl/AZBTdm
またはメルマガ登録http://form.os7.biz/f/20fa3ab2/
 ☆☆

 

僕達がお金と時間から自由になった事で、

本当にしたい事が出来る様になったのは、

【自分和合から夫婦和合】をきっかけに、 
※自分の心に素直でいる事を選んだ結果です。
 
※【宇宙といのちのメカニズム】をずっと続く勉強です。
日常という沢山の実践を学びに変えていきましょう!
 
一緒に学びたい方。募集中です↓↓
maison リンク
ウェブサロン maison de momo

https://goo.gl/AZBTdm

 
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【無料メールマガジン
【アトリエ * アクロス ザ ユニバース】
~豊かな現実生産工房~

下記アドレスをクリックして頂いて、

お名前とアドレスを入れて頂くと

翌日より登録したアドレスに配信されます。

メルマガ登録フォームはこちらとなります↓↓

(ご紹介して頂く場合も、こちらを送って頂けたらと思います)
============
http://form.os7.biz/f/20fa3ab2/
============

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■