宇宙といのちのメカニズム

「問題解決」から「自らの気づき」へ。本当にやりたい事を挑戦する・大切な人をまっすぐ大切にするを応援します。 momo kamito.トータルマネージメント

満月のkamimomo voice

満月の夜、家族で蛍を見に行きました。
凛とした月の光
懸命に輝くいのちの光達
 
 
蛍鑑賞から帰って、
momoと2人、禊のたき火をしました。
「自分を生きるって素敵な事だね」と、
momoの頬をつたう涙を見ながら、
1つの終焉と始まりを感じました。
 
いつだって本当の瞬間は、写真には映せない。
そんな景色を2人で見れる事に改めて感謝を感じます。
 
 
 
 
momoが降ろす言の葉たち↓↓
 
【2017.7.9 満月のkamimomo voice】
 
どうして人は病気になるの?
どうして夫婦はうまくいかないの?
どうしてわかりあえないの?
治るって何?治すって何?
 
 
 
 
疑問を持つって、すごく大事なこと。
 
現状を変えていくエネルギーは、
不満や強烈な疑問である事が多くあります。
今よりよくなる何かを感じている、
未来の自分からのお知らせ感覚でもあります。
 
 
 
疑問を抱く事で、今はないように見える、
【より創造的な今】を作る。
より真実の自分を生きる、
創造的破壊・イノベーションを行う。
まるで人生の施工主(魂)と建設業(心とエゴ自我)が
手を取って
T建設もびっくりな壮大建築。
 
 
 
不快感や不便感、疑問は、もっと良くなる、
良くできる可能性の種のセンサー
キャッチしているのだから。
ポジティブ変換の前に、そこからどうしたいのか、
そのネガティブが、未来を創る。
そこから始まる人生の再設計。
 
 
 
 
神様は「自分」だけを現実の鏡に映してくれる。
 
 
どの景色・目に映るどの出来事も、
「自分はどうしたいの?」
の問いかけになっています。
 
 
全ての出来事を通して、
「自分に矢印を向けること」は、
自分の選択を通した人生に責任を持つこと。
 
※責任というエネルギーライン
 
 
誰がどうだ、
これのせいだじゃなくて、
「じゃあ、自分は本当はどうしたいの?」と、
自分への問いかけに変える。
 
それが、宇宙と魂を生きる秘訣。
 
 
 
そして人生は、常に課題を与え成長を促す。
自分が逃げていることの中に、
魂の輝きを隠していたりする。
エゴは、それをどうしても隠したい。
伏せておきたい。
否定も非難もされたくない。
 
 
 
けれど、なぜだろう、
自分がどうしても
うまくいかなかった事を、
人に伝えるようになる。
 
 
しくじり先生の話は響くの法則】
 
 
深く傷ついた事の中、
自分はダメだと思っている事の中、
自分で選んできた才能が
眠っている。
 
愛が眠っている。
その体験が、愛となって染みわたり、
【響き】を与えていく。
 
 
 
鳴りやまない心の声は、
生まれた記憶を呼び覚ます。
 

f:id:kagehinata-hari:20170711063914j:plain

 
 
 
【身体と心・魂の成り立ちを解説した新しい学術】

【いのちのお手当てDVDショートver.シェア大歓迎です】
https://youtu.be/buwVlXOHx0w

 上記映像全編は ⇒https://goo.gl/djqnPX
 
 

 ☆

 

【身体と心・魂の成り立ちを解説した新しい学術】
 本格的 宇宙といのちのメカニズム解説
いのちのお手当て ⇒https://goo.gl/djqnPX
f:id:hinatao-wife:20170417102602j:plainf:id:hinatao-wife:20170522140522j:plain

f:id:hinatao-wife:20170520151331j:plain

 
 
 
 ∽-∽-∽-∽-∽-∽
 
momo  kamito.
blog
http://cotocoto.hatenablog.jp/ 
maison de momo
限定イベントお届け・パートナーシップや等身大の声を綴っています

https://goo.gl/AZBTdm

 

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【無料メールマガジン
【アトリエ * アクロス ザ ユニバース】
           ~豊かな現実生産工房~

下記アドレスをクリックして頂いて、お名前とアドレスを入れて頂くと

翌日より登録したアドレスに配信されます。

メルマガ登録フォームはこちらとなります↓↓

(ご紹介して頂く場合も、こちらを送って頂けたらと思います)
============
http://form.os7.biz/f/20fa3ab2/
============

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■